3巡目の1【新人日記リレー】

夏が来ている。

四季のうちでは夏が一番好きだ。
虫たちが一斉に鳴き始めたり、草木の色が深くなったりして、世界中が生命力にあふれている感じがする一方で、落ちる線香花火や仰向けになった蝉たちは、私に死や喪失を強く意識させる。
怪談話が盛り上がるのも、夏は死の季節だという意識が共有されているからだろうか。
このギャップも私にとって好ましい。

夏が来ると嬉しいので、毎年初めて蝉の鳴き声を聞いた日時と場所と蝉の種類を記録している。
今年は7月10日に練馬区の路上でアブラゼミの声を聞いた。その日聞いたのは1匹だけで、合唱を聞いたのはその1週間後だった。
東京で夏を過ごすのは9年ぶりなので、これが早いのか遅いのかはよくわからないが、クマゼミの声が聞こえないのが関東らしい。

今回のブログのお題「人にすすめたい本・映画・アニメ」に関連して、
夏と、生と死を主題にした創作物として、私は『海獣の子供』をおすすめする。
マンガが原作で映画化もされており、繊細な絵と言葉と音で夏の美しさが描かれている(マンガの描き文字は絵であると同時に音でもある)。
「大切なことは言葉にならない」という作品内のメッセージに従い、多くは書かないでおく。

鑑賞後は外に出て夏の匂いを一杯に吸い込んでほしい。