心と記憶に残るもの

こんにちは、
デザイナーの早乙女です。

最近では残暑も落ち着いて、過ごしやすい気候になってきましたね。
秋は私の大好きなかぼちゃや栗などが美味しい状態で手に入る時期のため、お菓子作りやハロウィンパーティなど、楽しみなことが多い季節です。

 

さて、今回のテーマは「好きなゲームについて語ろう」ですね。

好きなゲーム、といっても色々とありすぎて悩んでしまうのですが、
私が幼いころから今もずっと遊び続けているゲームといえば、やはり「ポケットモンスター」シリーズでしょうか。

4歳の頃に「赤」を初めてプレイしていたことがきっかけでポケモンに夢中になり、
今では財力を駆使してゲームだけに止まらず、ぬいぐるみ等のグッズも買い込む大人になってしまいました…。

「仲間を増やして冒険する」というRPGの作りは王道そのものですが、モンスターの属性、技、性格など、編成する要素が多様にあるため、プレイヤーの好みで何通りもの冒険スタイルが楽しめるところがポケモンの魅力のひとつだと言えます。

元々の収集好きな性格もあり、バッチをあつめたり、図鑑を埋めたりするやり込み要素もポケモンに魅了されるきっかけのひとつとなりました。

 

次に、私がポケモンと並んで遊んでいたゲーム。
「伝説のスタフィー」の紹介もさせていただきたいと思います!

こちらのタイトルは全5作品出ているのですが、
私が一番遊んでいたのはGBA時代の第2作目のものになります。

1人用のアクションゲームで、遊んでいた当時の記憶からしてもなかなかやりごたえのあるゲームでした。

今でこそ対象年齢に関わらず、ゲームが得意でない方でも楽しめるような救済措置(所謂、お助けモード)が含まれているゲームが多く見られますが、
あの頃はそういったものは実装されていない時代だったということもあり…
子どもの私は思いの外簡単に詰んでいましたね。

それでも何度もアクションを試したり、少しずつ覚えてゲーム性に慣れていくたびに物語が進み、最後のラスボスまで1人でたどり着いた時の感動は今でも忘れられない思い出です。

ゲームオーバーになったとしても、クリアできるまで何度も何度も挑戦した経験がこのゲームを私の記憶に焼き付けている要因になっているかもしれません。

 

ここまで2作品のゲームを紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

どんな形であっても人の記憶に残るゲームというのは、それだけで大きな価値があるのかもしれませんね。
私の関わる作品も、いつか誰かの思い出のゲームになってくれたら…と、思わず夢見てしまいます。

以上で、私の回は終わりとなります!

今回のテーマは私で最後なので、次回からはまた別のテーマで更新していきます。
来週の担当はプランナーの笹口くんにお願いしますので、是非お楽しみに!

昔のゲームを振り返って【新人日記リレー】

こんにちは、外山です。
今回のテーマは「好きなゲームを語ろう」ということで、
どんなゲームをやったかなと振り返って考えてみました。

よく記憶に残っているのが、
ゲーム始めたばかりの頃にやったスーパーファミコンの「スーパーマリオワールド」。
今ではネットで調べれば様々な情報が手に入る便利な時代になりましたが、
攻略本を見て隠しゴールの行き方を調べたり、突破方法を考えたりしていた覚えがあります。

次に印象に残っているのがゲームボーイカラー専用ソフトの「ちっちゃいエイリアン」、「コロコロカービィ」。
赤外線センサーと現実の光を使って遊んだり、
動きセンサーカードリッジで、本体を振るとジャンプしたり等、
当時では珍しいものでとても印象的でした。
今では振る事で反応するゲームはWiiやSwitch等に取り入れられていますし、
「ポケモン GO」等、携帯で現実の場所と連動して遊ぶことが出来るのを考えると
とても技術的進歩を感じます。

続いて64より「スマッシュブラザーズ」。
この頃は皆で友達の家にコントローラーをもっていって家の中でワイワイ遊んでいました。
今ではネットにつなげて対戦が簡単にできるようになり、そういった機会は減ってしまいましたが、
誰とでも遊べるようになった事で、「テトリス 99」等といった大人数対戦も実現可能になりました。

まだまだ色々ゲームが印象に残ってはおりますが、上げるとキリが無いのでここら辺で割愛します。

――ということで、「好きなゲームを語ろう」というテーマで語ってきましたが、
振り返ってみて古今のゲームの進歩を改めて感じました。
会社に入ってからはまだ半年しか経ってはいませんが、
私もこの進歩に乗り遅れないよう技術をより磨いて皆さんが楽しめるゲームを開発していきたいと思います。

以上で、今回の話を終了したいと思います。
ご覧いただきありがとうございました。

次回のブログ更新はデザイナーの早乙女さんです。
お楽しみに。

はじめてのホラー体験【新人日記リレー】

こんにちは!デザイナーの太田です。
最近涼しいですね!
私は寒いのが好きなので、冬になるのが楽しみです!

さて、今回のテーマは「好きなゲームについて語ろう」です。
私の好きなゲームは『UNDERTALE』です。
普段ゲームをするとき、ゲームのどんな部分を重視しているか(アクション性、ストーリー性など……)によって、プレイスタイルや抱く感想が大きく異なるゲームだと思います。
行動によって展開が変わる要素も大量にあるので、人によって違うゲーム体験が味わえますよ!

こんな行動まで制作者に読まれていた……となることが頻繁にあり、「ユーザーが何をしたがるか」ということが凄く考え込まれているのだと感じました。
私もゲームを制作する側として、『UNDERTARE』のようにユーザー目線に立てるよう頑張っていきたいです!

……と、このまま『UNDERTALE』について語ると、このブログが論文みたいな長さになってしまうので、今回は別のゲームについてお話ししようと思います。

皆さんの初めてプレイしたゲームは何でしたか?初めてのゲームは一生記憶に残りますよね。
親がゲーマーだった私は、3歳くらいの頃からテレビの前に座らされ、コントローラーを持たされました。

そうしてプレイしたゲームは、

『クロックタワー』(PS版)

孤児院で育った少女たちが養育先の屋敷へ訪れ、そこに住み着く殺人鬼から逃げ回るマルチエンディングのホラーゲームです。
今にして思えばそれほど難しい操作方法ではないのですが、初めてゲームをする幼児には歩くことすらままならないような状態でした。
加えてホラー要素や謎解き要素もあるので、当時の私はろくに進行できなかったです。

そのかわり、私はクロックタワーの攻略本を毎日のように読みました。
「ここにはこういう要素が隠されてるんだな」と知るのが楽しかったのです。
今にして思えば、そういうゲーム自体への関心が、ゲーム業界へ興味を持つきっかけになったのだと思います。

私にとって殆どトラウマとなっているクロックタワーですが、私の中で最も印象に残っている大好きなゲームです。
現在もPS3やPSVitaなどのゲームアーカイブス、WiiUのバーチャルコンソールなどでプレイすることができるので、ぜひやってみてください!

 

余談なのですが、クロックタワーのプレイを諦めた私に、親が次にやらせたゲームは、

『ぷよぷよ通』(PS版)

言わずと知れた落ち物パズルゲームの2作目です。
しかし、考えてもみてください。
3歳の知能がどれくらいかというと、物の数を10まで数えられるかどうかというレベルです。
同じぷよを4つ集めて消すことがやっとで、連鎖とか組めるはずありません!
そんな私を、親は一切の手加減なく、大人の知力で連鎖を組み、叩き潰していきました。

クロックタワーとは別の意味でトラウマになったぷよぷよですが、親が次々連鎖するのは見ていて楽しかったです。
今でも時々親と対戦し、負けています。

こうして見ると、私のゲームプレイの原点はトラウマだらけなのですが……。
この時心に負った傷が今の私に繋がっているので、親には感謝しています!

それでは今回はこの辺で!
次回はプログラマーの外山くんです!お楽しみに~!